What do you know about Users/MikioSugiyama
1964年札幌生まれ。1989.3信州大学農学部卒業農学士
2015.3まで和歌山大学産学連携・研究支援センター客員教授
2017.4から和歌山大学災害科学教育研究センター客員教授株式会社サン広告社シニアプロデューサー 株式会社宝水ワイナリー取締役

https://localwiki.org/davis/Waterside_of_jogging
 


I like this video. After all it is good to do whatever we want to do, at work.
この動画好きです。やっぱり仕事でもなんでも、やりたいことをやり抜くのがいいですね。

 

My name is Mikio Sugiyama. I live in Sapporo. 1964, I was born in Sapporo.February 2014, I will visit Oakland. I run this site in Sapporo.
http://sapporo.localwiki.jp

People who are interested in Sapporo, open so that the editing of the public meeting, please contact us.
https://www.facebook.com/groups/sapporowiki


I have been involved in the management of the winery.
http://housui-winery.co.jp
http://sapporo.localwiki.jp/housui-winery

 


I was a technical adviser of Shin Hongo Memorial Sapporo Museum of Sculpture. It is love to take pictures of outdoor sculpture.
Shin Hongo
 

 

I am a visiting professor at Wakayama University.
http://www.wakayama-u.ac.jp/chiiki/staff/staff.html


I have the support of Natori along with graduate students of the University of Tokyo.
http://natori.localwiki.jp


<プロフィール>

 1964年札幌生まれ。信州大学農学部出身。学生時代から青果店経営、大学生協のシステムエンジニアとして勤務。後に麻布大学で店長を経験し札幌に帰郷。広告代 理店勤務(情報化推進室室長)中にデザイン業務のデジタル化指導、インターネットサーバー導入・管理者をする傍ら、北海道新聞のデジタル入稿システムを構築。ネットワーク技術、メールコミュニケーションに取り込んだ広告企画、釣り新聞北海道の政策オペレーション構築、道新スポーツホームページをなど手がけた。その後、札幌のITベンチャーで広報室長、経営企画部門を担当したあと独立。その後、特定非営利活動法人シビックメディア専務理事を経て、高校生に経営を体験してもらうため、株式会社スマッポの経営を引き受けて会社を解散。
札幌市、函館市、藤沢市、千代田区、福島市、伊豆大島町、和歌山県、名取市、仙台市などで、大学、大学院、高等学校、地方自治体・企業とともに地域活動を、教育活動を行いながら、その調査、研究を行った。

 研究分野は、経済学の手法で、地方自治体の政策、地域ブランドと地域の中小企業ネットワーク、防災など。市民による情報発信の先駆けとなったシティプロ モーションサイト「Webシティさっぽろ」や「市民が友人を呼ぶ」形で観光情報を発信した「ようこそさぽろ」の編集長を努め、札幌だけではなく「札幌を存 在させる北海道の魅力」を掲載しつづけ、全国的な評価を得た。「ようこそさっぽろ」の編集方針を評価され、オータムフェストの立ち上げのプロデューサーと して起用された。コンセプトワークと一部企画の提案を行っている。札幌市のブランド札幌スタイルのコンセプトワークの背景調査を行いリメイクを行った。その後、ブランドマネジメント、審 査、ホームページ編集会議などを担当した。とりわけ、個人作家に製造業としての原価計算を奨励。個人作家にとって難しかった流通に乗る製造価格の設定を提 案、普及した。その後、シティプロモーションのながれでは札幌市シティプロモート戦略会議委員を努めた。

 防災に関しては防災科学研究所の研究員として、中越地震後の長岡市で調査し、自治体や住民による日常の情報発信の重要性を強調。札幌市のラジオ番組の実験事業を通じてコミュニティFMなど、地元のメディアの役割について調査している。東日本大震災後、福島市に滞在し、地元の商店主と共に「被災地からの情報発信」の重要性を学び、発信活動を支援した。さらに、経済産業省の「ネットアクション」事業では、研究者たちが調査結果を報告書だけではなくネット上にわかりやすい記事として発信する活動のスタッフを務めた。そして、国土交通省の離島を舞台に位置情報の活用を行う事業で、三菱総研とともにLocalWikiを使った高校生による地元情報発信を指導。その過程で編集に必要なOSMを充実させるマッピングパーティを提案、運営した。そして、土砂災害時のクライシスマッピングに参加。LocalWikiの普及活動をしている。現在は日常の地元学習、学習したノートをLocalWiki公開と共有がその土地の価値を増やすと奨励している。広告代理店の社員として、クライアント企業の支援活動を行い、ワイナリーの経営と地元でのネットワーク作りを目指している。和歌山大学災害科学教育研究センター客員教授として、LocalWikiなどを活用した日常の活動が、産業、観光に必要な発信につながり、祭りやイベントとと防災、避難活動がつながることを大切にしている。


職務経歴

2002年度~ 2010年度 特定非営利活動法人シビックメディア専務理事

2002年度~ 2009年度 札幌市市民まちづくり局シティープロモーションサイト「ウェブシティさっぽろ」運営委員

2003年度~ 2009年度 札幌市観光文化局観光案内サイトようこそさっぽろ運営委員

2003年度  慶応義塾大学SFC研究所員(訪問)中越地震における防災と地域メディア研究

2004年度~ 2010年度 地域メディア研究会幹事

2004年度  独立行政法人防災科学技術研究所協働研究者

2005年度  観光情報学会幹事

2005年度  千代田区地域サイト「千代田day’s」企画提案、コンサルテーョン

2005年度  総務省ICTを活用した地域社会への住民参画のあり方に関する調査研究事業「住民参画モデルシステム」研究会理論ワーキンググループ

2005年度~2006年度  財団法人札幌市芸術文化財団本郷新札幌彫刻美術館専門委員

2006年度  総務省北海道観光とICT利活用調査検討会委員委員

2006年度  慶応義塾大学メディアコミュニケーション研究所 コミュニティFMと防災に関する研究プロジェクトメンバー

2007年度~2009年度  札幌市環境局札幌市円山動物園ホームページ運営委員

2007年度~2009年度  札幌市経済局札幌スタイルホームページ運営委員

2007年度  札幌市環境局子供サミット検討委員会委員

2007年度  札幌オータムフェストプロデューサー

2008年度  (財)地方自治情報センター官民協働による地域ポータルサイトの運営に関する調査研究委員

2007年度~2009年度  東京大学大学院情報学環産学官連携特任研究員

2010年度  東京大学大学院情報学環産学官連携客員研究員
      札幌市シティプロモート戦略会議委員
      市立札幌大通高等学校支援事業運営委員

2011年度  福島市「ふくしま街づくり夢仕掛人塾フィールドワークアドバイザー」
      株式会社三菱総合研究所嘱託研究
      経済産業省「ネットアクション」取材・編集アドバイザー

2012年度  国土交通省「伊豆大島観光等地域資源情報の整備・発信プロジェクト検討会」委員

2013年度〜2014年度 http://localwiki.jp編集長
          和歌山大学産学連携・研究支援センター客員教授

2014年度〜  和歌山大学観光学部特別研究員
       Code for Sapporo顧問
       Code for Muroranメンバー
       LoJコアメンバー

2015年度〜  和歌山大学産学連携・研究支援センター教育研究アドバイザー(2016年まで)
       株式会社宝水ワイナリー監査役(1027年まで)
2916年度〜  株式会社サン広告社シニアプロデューサー

2916年度〜  和歌山大学災害科学教育研究センター客員教授、株式会社宝水ワイナリー取締役

 

講師歴(非常勤)

札幌学院大学社会情報学部、北海道東海大学、東京大学大学院情報学環、和歌山大学など

 

主な著作など


  • 都市問題調査報SAPPORO FRONTIER「電子会議室のおかげで楽しい(2002.3)
  • 「さっぽろってさ-札幌細読」(北国のさっぽろのライフスタイルを考える)(2002.3)
  • 札幌における市民ジャーナリズムの試み~「シビックメディア」の実例から~(北海道東海大学紀要・人文社会学系)(2003)
  •  杉山幹夫(2006) シティプロモーションについての考察 
・ 杉山幹夫(2005.6) 
  • 三菱総研自治体チャンネル シリーズ災害と地域メディア 「普段出来ていないことを災害時に突然行うのは難しい(pdf)
  •  杉山幹夫(2005.9) 三菱総研倶楽部月例セミナー「地域を豊かにする情報活用方法~市民ジャーナリズムの現在と未来~(pdf)
  • 杉山幹夫(2006.10) 地域メディア形成研究事業報告書「日常の番組つくりの積み重ねが、災害対応の前提」
  • 杉山幹夫(2000) 『子育てに適した街だ』と自慢したいから。」, 『都市政策ニュース(キュー!)』, 第82号, p,1.
  • 杉山幹夫(2002) 「電子会議室のおかげで楽しい」, 『札幌市都市問題調査報』, 第24号, pp.41-42.
  • 田中秀幸(2017.3)「地域づくりのコミュニケーション研究 まちの価値を創造するために」第1章 pp.21-35


発表論文

  •  吉村卓也・杉山幹夫(2003), 「札幌における市民ジャーナリズムの試み~「シビックメディア」の実例から~」,『北海道東海大学紀要・人文社会学系』, 第16号、pp.165-189.
  •  吉村卓也・杉山幹夫(2004), 「『札幌』を発信するシビックメディアの試み」, 『地域政策研究』,第27号, pp.61-69
  • 杉山幹夫(2005),「シリーズ災害と地域メディア 「普段出来ていないことを災害時に突然行うのは難しい」」,『自治体チャンネル』,第74号 pp.22-
  • 吉村卓也・杉山幹夫・三浦博子(2006), 「千代田区の地域サイト「千代田day's」構築とその可能性に関する考察」,『北海道東海大学紀要・人文社会学系』, 第19号, pp.121-134.
  • 田中秀幸・杉山幹夫(2007),「インタンジブルズに着目した地域情報化投資の評価に関する研究」,『日本社会情報学会合同研究 大会研究発表論文集』, pp.232-237.
  • 杉山幹夫 ,田中秀幸(2009), 「自治体のブランディング政策と地域企業ネットワークの比較研究」,『社会・経済システム』,第30号, pp.27-33.【査読有】
  •  田中秀幸,杉山幹夫 (2009), 「自治体のブランディング政策と地域企業ネットワーク」, 『経済政策ジャーナル』,vol.6, no.2, pp.72-75. 【査読有】
  • 杉山幹夫(2009), 「自治体内部の連携と中小企業ネットワーク形成に関する研究」,社会経済システム学会第28回大会,関西大学,2009年10月17日.
  •  杉山幹夫(2010), 「行政委託型NPOの取り組み②」,NPO法人「シビックメディア」(上),行政アウトソーシング新事例:最前線における現状と課題第32回」,『地方財務』,2010年2月号,pp.175-183.
  •  杉山幹夫(2010), 「行政委託型NPOの取り組み③」,NPO法人「シビックメディア」(下),行政アウトソーシング新事例:最前線における現状と課題第33回」,『地方財務』,2010年3月号,pp.92-97.


学会発表

  • 2009年度日本社会情報学会(JSIS/JASI)合同研究大会(2009年 9月12-13日,於:新潟大学)
  • 杉山幹夫・田中秀幸(2009)「地域ブランド形成とオープンな中小企業ネットワークに関する研究」
  • 社会・経済システム学会 第28回大会(2009年10月 17-18日,於:関西大学)
  • 杉山幹夫(2009),「自治体内部の連携と中小企業ネットワーク形成 に関する研究」
  • 学会発表(2008),日本経済政策学会第65回全国大会(2008年5月24-25 日,於:関西大学)
  • 田中秀幸・杉山幹夫(2008), 「自治体のブランディング政策と地域企業ネットワーク」
  • 社会・経済システム学会第27回大会(2008年10月11-12日,於:早稲田大学)
  • 杉山幹夫・田中秀幸(2008),「自治体のブランディング政策と地域企業ネットワークの比較研究」